注目!競争、物欲、働き過ぎを控える人間らしい生き方とは?

習慣

こんにちは、sho(@jiyuwotsukuru)です。

  • 人間らしい生き方とは?
  • 人間らしい生き方は出来る?
  • 人間らしい生き方のメリットは?
  • 人間らしい生き方のデメリットは?

というあなたにお届けします。

【結論】

競争、物欲、働き過ぎを控えて「のんびり、ゆったり、ほどほどに」を心掛ける。

この記事を読むことで以下のことがわかります。

  • 人間らしい生き方とは何か分かる。
  • 人間らしい生き方が出来る。
  • 人間らしい生き方のメリットがわかる。
  • 人間らしい生き方のデメリットがわかる。

【事実】

この記事の信頼性

  • 実際に「のんびり、ゆったり、ほどほどに」と思うだけで気持ちが楽になった。
  • 実際に、焦ってしまう場面でも落ち着いて対応できる様になった。
  • 実際に、短期的な誘惑に迷うことなく、長期的な気持ちで取り組める様になった。
  • 仏教の考え方を基本に取り入れている。

人間らしい生き方とは?

人間らしい生き方とは、「のんびり、ゆったり、ほどほどに」という生き方です。反対に人間らしくない生き方は「あくせく、イライラ、ガツガツ」です。

人間らしい生き方は出来る?

出来ます。

人間らしい生き方をする為の3つのポイント

  1. 競争を控える
  2. 物欲を控える
  3. 働き過ぎない

人間らしい生き方をする為の1つ目のポイントは、競争を控えることです。人は自然に他人と自分を比べてしまいます。さらに社会構造として競争が生まれやすい環境です。2つ目のポイントは、物欲を控えることです。物欲には際限がありません。欲しいものが手に入るともっと欲しいもっと欲しいと求め続けてしまいます。小欲知足(しょうよくちそく)=もうこれで充分ですという、足るを知る心を持つことが大切です。3つ目のポイントは、働き過ぎないことです。日本では特に労働崇拝が強いですが、健康や大切な人間関係を犠牲にするほどの価値はありません。自分の時間を取り戻す必要があります。

人間らしい生き方のメリットは?

人間らしい生き方の5つのメリット

  1. 気持ちが楽になる
  2. 気持ちが安定する
  3. 感謝の気持ちが増える
  4. 前向きな気持ちになる
  5. 楽しみが長続きする

人間らしい生き方の1つ目のメリットは、気持ちが楽になることです。やることが多く自分にプレッシャーを掛けてしまう時にも、「のんびり、ゆったり、ほどほどに」という気持ちで取り組むことで、気持ちが楽になります。2つ目のメリットは、気持ちが安定することです。「のんびり、ゆったり、ほどほどに」という気持ちで、競争、物欲、働き過ぎを控えることで、自分の時間をとって健康に気を使ったり、大切な人との時間を確保することが出来ます。健康と良好な人間関係は気持ちの安定につながります。3つ目のメリットは、感謝の気持ちが増えることです。競争や物欲、働き過ぎを控えることで、忙しなさが低減されて、今に集中することができる様になります。自然と周りに目が届く様になり、感謝の気持ちが増えていきます。4つ目のメリットは、前向きな気持ちになることです。「のんびり、ゆったり、ほどほどに」を心掛けて生活をすることで、健康な習慣や良好な人間関係が手に入ります。日々のストレスが軽減され、前向きな気持ちになります。5つ目のメリットは、楽しみが長続きすることです。「のんびり、ゆったり、ほどほどに」という考え方で、楽しいと思うことに取り組むことで、長い時間を掛けて趣味や、やりたい事に取り組むことが出来ます。競争や物欲、働き過ぎを控えることで、日々の中に楽しみの時間を取り入れ、継続することができる様になります。

人間らしい生き方のデメリットは?

人間らしい生き方の3つのデメリット

  1. 決断が必要
  2. 短期間で成果を出したい人には不向き
  3. 周りの理解または協力が必要

人は自然と他人と自分を比べてしまいます。また社会は競争を求める構造になっており、消費を促進するための広告や情報に溢れています。物が溢れ、必要以上に欲望を掻き立てられる環境です。この中で、「のんびり、ゆったり、ほどほどに」人間らしく生きるには少なからず決断が必要です。人の意思は弱いので、「のんびり、ゆったり、ほどほどに」という考えのもと環境を整える必要があります。それは、例えば仕事の時間を短縮すること、または転職するなどです。また短期間で成果を出したいという人には不利になってしまう考え方です。ただ成果を求めて、疲れてしまったり、つまずいてしまった時には、この「のんびり、ゆったり、ほどほどに」という考え方があると知っているだけで、違う選択肢の一つとすることが出来ます。この考え方や生き方を周りに理解してもらう必要があります。自分が「のんびり、ゆったり、ほどほどに」と思っても、周りの人が「あくせく、イライラ、ガツガツ」であった場合は、衝突してしまうこともあります。理解や協力を求めても、「あくせく、イライラ、ガツガツ」を強要される場合は、他人の考え方を変えることは難しいので、距離を置くことをお勧めします。

始めは「人間らしい生き方って?」「人間らしい生き方はできるの?」「人間らしい生き方のメリットは?」と思っていましたが、実際に「のんびり、ゆったり、ほどほどに」という考え方で、普段の生活に取り入れることで、自分の時間が取れて、健康的な生活や、家族や友人との時間が取れるようになり、ストレスがなくなり、楽しい時間が増え、人間らしい生き方ができる様になりました。競争、物欲、働き過ぎを控えて「のんびり、ゆったり、ほどほどに」を心掛けることが大切です!

実際に取り組むきっかけになった、おすすめの本

「のんびり、ゆったり、ほどほどに」という考え方の基本は、“ひろ さちや”さんから学びました。


【気づき】

足るを知る心を持つと、今に感謝できる

【教訓】

「のんびり、ゆったり、ほどほどに」を心掛ける

【宣言】

集中して取り組んでいると成果が欲しいと思って、ついつい急いでしまい、ストレスの原因になってしまいます。そんな時にいつも「のんびり、ゆったり、ほどほどに」を思い出すと、気持ちがすごく楽になります。「のんびり、ゆったり、ほどほどに」長期的な視点で、日々取り組んでいこうと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました