注目!300万円以上違う!車にお金をかけない方法と3つのメリット

倹約

こんにちは、sho(@jiyuwotsukuru)です。

こんな方におすすめです!

  • 車の維持費が気になる方
  • 車の購入費を安くしたい方
  • 車にお金を掛けたくない方
  • 車にお金を掛けない方法を知りたい方
  • 車に興味がないけど車が必要な方
  • 車に生活を楽にしたい方

300万円以上違う!車にお金をかけない方法と3つのメリットをお届けします。

【結論】

車にお金をかけない方法

中古車を買う。初期費用で300万円以上節約できる!

車にお金をかけない3つのメリット

  1. ローンを組まない(借金をしない)で済む
  2. 保険料(維持費)が安くなる
  3. 移動や生活にお金を掛けられ、生活が豊かになる

【事実】

新車で購入し、翌日に売却すると購入時の金額の4分の3の価格になってしまうのが一般的です。(新車購入時400万円の場合、翌日に売却すると300万円)新車の販売価格には、様々な手数料が上乗せされています。広告費、営業人件費、諸々の諸費用です。これは車本来の価値ではないので、購入した翌日に売却した場合、価値が大きく目減りしてしまいます。中古車にはこういった費用はかからず、車本来の価値で評価されるので、リセールバリュー(売却時の金額)と購入時の金額の差が小さく済みます。

約3年前(2018年7月)に中古のヴォクシーを購入しました。新車で購入した場合は400万円以上する車ですが、中古車で買った場合は40万円です。差額は360万円以上です。10年型落ちで10万km近くを走っている車ですが、乗っていて全く不具合はありません。

中古車を買うことで、初期費用が300万円以上節約できました。

車にお金をかけないメリット1つ目、ローンを組まない(借金をしない)で済む。高い車(主に新車)を購入するとなるとまとまった大金が必要になります。貯蓄がある人は一括で購入できますが、ほとんどの場合、ローン(借金)をする事になります。仮に400万円の車を5年返済の金利5%でローンを組んだ場合は金利分で50万円以上余計に支払う事になります。月々の返済額は75,000円を超えます。家計への負担が大きく精神的にも疲れる金額になります。@ローン計算を利用して試算しました。

車にお金をかけないメリット2つ目、保険料(維持費)が安くなる。新車で購入した場合は自動車保険に車両保険を掛けるのが一般的です。これはローン(借金)をして購入しているので、いざという時の修理費用が捻出できなくなるからです。このことからも新車は、走る資産となってしまいます。小さな車体の傷や凹みでも大きく資産価値を落としてしまうので細心の注意を払う必要が出てきます。車両保険をつけた場合と付けない場合では年間で4万円以上の差が生じます。仮に5年乗ったとすれば20万円以上の保険料の差が生まれます。また中古車であれば、多少の傷や凹みも気になりません。元々安く購入しているので車本来の移動ができるという点の価値しかありませんから資産ではなく移動手段と捉えることができます。

車にお金をかけないメリット3つ目、移動や生活にお金を掛けられ、生活が豊かになる。車の本来の目的は移動手段です。車両の購入費を抑えることで、遠出の旅行で掛かるガソリン代や日々の生活のガソリン代などに掛けられるお金に余裕が生まれます。またローンの返済もありませんから心の余裕も生まれてきます。

家族が増え、ファミリーカーが必要になり買い替えました。今までは4人乗りの普通車に乗っていたので、8人も乗れるようになり移動も楽に出来るようになりました。両親を連れて出かけることも出来るようになり、家族で満足しています。

初めは「中古車で大丈夫かな」「新車じゃないと壊れないかな」「ちゃんと問題なく乗れるかな」

「新車で購入した方が税率軽減や燃費の良いじゃないかな」と思っていましたが、中古車を購入することで、300万円以上の差が生まれるので、初期費用で圧倒的な差が生まれます。

多少維持費が高くなっても中古車の方が総額で支出を大幅に減らすことができます。その分、家族で出かける機会を増やしたり、移動する費用に充てることで本来の車の移動手段としての価値がより享受できます。

【気づき】

大きな支出を抑えられれば、日々の生活がグッと楽になる。

【教訓】

本質的な価値に目を向けることで、余計な費用を支払わずに済む。

【宣言】

生活の質を落とさずに大きな支出をカットできると大きな暮らしの余裕が生まれます。大きな金額が掛かるものは本質的な価値に目を向けて、慎重に検討していきたいと思います。みなさまよろしくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました