朗報!あなたのモノやサービスが売れるコマーシャルとは?

その他

こんにちは、sho(@jiyuwotsukuru)です。

  • コマーシャルってなんだろう?
  • コマーシャルは難しい?
  • コマーシャルって出来るの?
  • コマーシャルのメリットは?
  • コマーシャルのデメリットは?

というあなたにお届けします。

【結論】

コマーシャルに取り組むことが重要!目的が叶う手段!

この記事を読むことで以下のことがわかります。

  • コマーシャルの意味が分かる
  • コマーシャルは難しいかが分かる
  • コマーシャルが出来るかが分かる
  • コマーシャルのメリットが分かる
  • コマーシャルのデメリットが分かる

【事実】

この記事の信頼性

  • デザイナーとして、幅広い業種・分野で企業の商品やサービスなどのプロジェクトに携わった経験がある。
  • コマーシャル、マーケティング、ブランディング、PRのディレクション・制作の実務経験が12年以上ある。
  • 7年間勤務した店舗設計事務所では、最年少27歳でクリエイティブ事業部の責任者を任され、チーフデザイナーとして3年間勤めた。
  • 現役、上場企業のブランディング担当&フリーランスとして活動している。
  • デザイン事務所2社→有名デザイナーアトリエ事務所→店舗設計事務所→上場企業ブランド担当&フリーランス、幅広い経験値。
  • 企業CI&VIのディレクション&トータルデザイン、店舗販促ツールのトータルデザイン、行政のデザインコンペ受賞など実績が多数ある。

コマーシャルってなんだろう?

コマーシャルとは、あなたの届けるモノやサービスを、理想の人に伝わる効果的なメッセージを届けることができます。コマーシャルはつまり、あなたのモノやサービスを広く宣伝する活動のことを指します。人があなたのモノ(商品)やサービス(体験)を積極的に使うように行動を強く促すことがコマーシャルの重要な役割です。コマーシャルにも様々な手法があります。特に行動に働きかけるノウハウを取り入れることが必要になります。

コマーシャルに必要な4つのノウハウ

  1. セールスコピーライティング
  2. 消費者心理学
  3. レスポンス広告
  4. 目的から考える媒体の選定

これらのノウハウを駆使してコマーシャルを行うことで、人の行動を強く促す広告が行えるようになります。またコーマシャルの強化には、あなたの届けるモノやコトサービスの、理想のお客様(ペルソナ)を、マーケティングを用いて設定することをお勧めします。そしてブランディングを組み合わせることによって、相乗効果の高いコマーシャルを構築することが出来ます。

コマーシャルは難しい?

身近で取り組みやすいものもあります。大掛かりなコマーシャルでは大きな予算が必要になりますが、簡単に取り組めるものもあります。ただ簡単に行えるということは予算がかからない代わりに時間はそれなりにかかります。

コマーシャルって出来るの?

出来ます。まずは先にあげたコマーシャルに必要な4つのノウハウを学ぶことに取り組むことをお勧めします。

コマーシャルに必要な4つのノウハウ

  1. セールスコピーライティング
  2. 消費者心理学
  3. レスポンス広告
  4. 目的から考える媒体の選定

これからコマーシャルに取り組もうとしている場合はこれらのことを学ぶことで、効果的なメッセージを作ることができる様になります。あなたのモノやサービスの強みや伝えるべき要素の整理にもつながるので、あなたのモノやサービスの本質を見つめ直す機会にもなると思います。また先にも述べましたが、コーマシャルの強化には、あなたの届けるモノやコトサービスの、理想のお客様(ペルソナ)を、マーケティングを用いて設定することをお勧めします。そしてブランディングを組み合わせることによって、相乗効果の高いコマーシャルを構築することが出来ます。

コマーシャルのメリットは?

コマーシャルの5つのメリット

  1. あなたのモノやサービスの強みがわかる
  2. あなたのモノやサービスを説明する手間が省ける
  3. 多くの人に一度に説明ができる
  4. 多くの人に行動を促すことができる
  5. あなたのモノやサービスの売り上げにつながる

まずメリットの一番目があなたのモノやサービスの強みがわかることです。コマーシャルに取り組む中で、セールスポイントの整理やお客様に求められる要素を整理することにつながります。自分の思い込みではなく、お客様にとってのメリットを明確に打ち出すことができる様になります。二つ目のメリットは、あなたのモノやサービスを説明する手間が省けることです。出来上がったコマーシャルはどんな形であれ、あなたが居なくても、あなたのモノやサービスを伝えることのできるツールになります。あなたの能力を拡張するツールと言い換えることもできます。三つ目のメリットは、多くの人に一度に説明ができることです。これはコマーシャルの種類によりますが、例えば折込チラシやTVCMなどを使うことで、一度に多くの人に対して、あなたのモノやサービスを説明することが可能になります。多くの時間を費やすこれらの作業を一瞬にして叶えることが出来ます。4つ目のメリットは、多くの人に行動を促すことができることです。これはレスポンス広告の技術が重要になります。この技術を踏まえて作るコマーシャルには大衆を動かす力を持ったコマーシャルを作ることができ、5つ目のメリット、あなたのモノやサービスの売り上げにつなげることが可能になります。

コマーシャルのデメリットは?

コマーシャルの3つのデメリット

  1. 嘘はつけない
  2. 予算がかかるものが多い
  3. 複数回行う必要がある

コマーシャルを行う際、ついつい過大広告に陥り、嘘の広告にならない様に注意する必要があります。嘘の広告は信頼を大きく損なうので絶対に行わないようにしましょう。またコマーシャルの特徴としてある程度の予算が必要になります。単発の広告では効果が得られないことが多いので定期的なコマーシャル活動が必要になります。

始めは「コマーシャルって何だろう?」「難しいそう」「コマーシャルって出来るの?」と思っていましたが、コマーシャルに取り組む中で、実際に商品やサービスの強みに対して気づくようになったり、本質的な良さ、何にメリットを感じるのかを言葉にできる様になりました。モノやサービスの良さを的確に伝え、行動を促すコマーシャルのデザインが出来る様になりました。コマーシャルに取り組むことが重要!目的が叶う手段!です。

あなた専属のデザイナーを抱えることが出来る!

デザインやクリエイティブのプロが専属スタッフとして、実際にあなたの商品やサービスのディレクターとして参加。

現状把握から問題を明確化し、解決策を企画立案し管理まで行います。

あなたの事業やサービスのパートナーとして長期的にお手伝いします。

業務の依頼、相談はお問い合わせページにて今すぐご連絡ください。

業務内容や料金プランについては詳しくはこちらの記事をご確認ください。

【気づき】

コマーシャルに取り組むことが重要!目的が叶う手段!

【教訓】

伝えるべきメッセージが作れれば、多くの人にモノやサービスを届けることができる。

【宣言】

モノやコトがどんなに良いものでも、伝え方が悪ければ購入には結びつきません。あなたの届けるモノやコトを、理想の人に届ける為のマーケティング、ブランディング、コマーシャル、PRにこれからも取り組んでいきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました