【2021年5月6日(木)】インド、仮想通貨、銀行は長期投資買い。ダッシュ、OMG、イオス、ZEC、みずほ銀行は短期投資買い。ETC、 DOGEをヘッジ売り。日経平均、空売り50%縮小。【30秒で読める高橋ダンさん動画まとめ】

資産運用

こんにちは、sho(@jiyuwotsukuru)です。投資家の高橋ダンさんをフォローしています。

  • 投資の勉強がしたい、実際の投資の参考にしたい。
  • 2021年5月6日時点、ダンさんの分析・意見・考え・おすすめを知りたい。
  • ダンさんの1日の動画を、全て見る時間がない。
  • ダンさんの1日の動画内容を、まとめて知りたい。
  • ダンさんの動画内容を、まとめて一度に振り返りたい。
  • ダンさんをフォローして投資をしている人の運用状況を知りたい。

というあなたにお届けします。

【結論】

インド株、ビットコイン、アルトコイン(イーサリアムなど)、銀行株は長期投資買い。短期投資として、ダッシュ、OMG、イオス、ZEC、みずほ銀行は買い。イーサリアムクラシック、ドージコインをヘッジ売り。日経平均の空売りヘッジ50%縮小。

この記事を読むことで以下のことがわかります。

  • 2021年5月6日時点、ダンさんの分析・意見・考え・おすすめが分かる。
  • ダンさんの1日の動画の内容が分かる。
  • ダンさんをフォローして投資をしている人の運用状況を知れる。

【事実】

この記事の信頼性

  • 2020年3月以降、Dan Takahashi 高橋ダン – 日本語チャンネルで投稿されるを全ての動画を視聴している。
  • ダンさんのライオン戦略を取り入れ、1年以上実施している。
  • 1,700万円の資産運用を実際に行なっている。

【2021年5月6日】高橋ダンさんの分析・オススメ

投稿動画数 4本

  • 国際ニュース5/6、緊急事態宣言の延長、日経平均2%上昇、仮想通貨が暴騰、JAL&ANA決算発表、日本の製鉄株、インド投資チャンス
  • 【仮想通貨の爆上げ】ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシック、ドージコイン
  • 銀行株やっと買う時が来た、みずほFGに注目!
  • 日経平均は大引け反発、今から急上昇するか?

●高橋ダンさんの分析まとめ【30秒で読める】

  • 世界の相場:小幅動き、日本株は強い、日経平均2%上昇。
  • ダッシュ、OMG、イオス、ZECは上昇の余地がある。イーサリアム、バイナンスコインは割高感がある。イーサリアムクラシック、ドージコインは危険。
  • 銀行株は素晴らしいチャート。
  • 日経平均が上昇している理由として、ダウ平均(S&P500)と連動したという新聞の情報は間違い。

●高橋ダンさんのオススメまとめ【30秒で読める】

【長期投資】

  • インド株:定期買い
  • ビットコイン、アルトコイン(イーサリアムなど):定期買い
  • 日本銀行株:定期買い

【短期投資】

  • ダッシュ、OMG、イオス、ZEC:買い
  • イーサリアムクラシック、ドージコイン:ヘッジとして売り
  • みずほ銀行:買い
  • 三菱UFJ:買い
  • 日経平均:空売りヘッジを50%縮小。

1本目:国際ニュース5/6、緊急事態宣言の延長、日経平均2%上昇、仮想通貨が暴騰、JAL&ANA決算発表、日本の製鉄株、インド投資チャンス

画像をクリックすると動画に飛びます。

●高橋ダンさんの分析

  • 世界の相場:小幅動き、日本株は強い、日経平均2%上昇。
  • 今週は、金曜日の米失業者人数発表に注目。
  • 緊急事態宣言の延長するかどうかを7日に発表する。
  • 仮想通貨が暴騰、ビットコインキャッシュ50%上昇。
  • これからのJALの決算発表に注目
  • 日本の製鉄株が年初来の高値を更新している。
  • 今はインドが厳しいが、長期的には投資のチャンスがある。
世界のコロナ感染者人数:5日時点で、834,653人。まだ収まっていない。インドの感染者数が多い。

●高橋ダンさんのオススメ

【長期投資】

  • インド株
  • 理由:現在はコロナのダメージが深刻だが、長期的にはV字回復が見込める。

2本目:【仮想通貨の爆上げ】ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシック、ドージコイン

画像をクリックすると動画に飛びます。

●高橋ダンさんの分析

  • ビットコインキャッシュは1日で53%の上昇。
  • イーサリアムクラシックは3日間で112%の上昇。
  • ダッシュ、ZEC、イオスなどのアルトコインも暴騰している。
  • 今一番注目されているのは、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシック、ドージコインの3つ。
  • ビットコインキャッシュが5月15日にアップデートがある。
  • イーサリアムクラシックは時価総額が低く、集中投資が入ってきている。
  • ドージコインは、イーロンマスクがPRをしていて上昇している。
ビットコイン:出来高がない。MACDは上がっている。RSIはギリギリ50以上で上昇トレンド。昨日の上昇は、一昨日の下りを包んでいたので、一応上昇トレンド。64,000ドルを突破するまでは、モメンタムがでない可能性が高い。
イーサリアム:ボリュームは高いが、減少の時のボリュームの方が大きいので、割高感に注意。50日移動平均からかなり離れていて、割高感がある。
イーサリアムクラシック:上がり方がすごい。ボリュームと一緒に上がっているので、避けた方が良い。
バイナンスコイン:短期的に割高に見える。
イーサリアムクラシック週足のRSI:89レベルで、2017年の最大95レベルに近いので、統計的に割高に見える。
ライトコイン:前の307レベルをブレイクアウトし、ボリュームが上がって買い圧力が来ている。
ビットコインキャッシュ:大きなボリュームが出ている。まだ上がる可能性がある。RSIが割高でない。2018年のピークまでまだ来ていない。
OMG:まだ上昇する余地がある。4月4日時点をブレイクアウトしていない。
ダッシュ:まだブレイクアウトしていない。ボリュームが上がってきて面白く見える。
ZEC:ダッシュとビットコインキャッシュに比べると注目するべきではない。
イオス:ZECと同じチャート。ブレイクアウトしたら買い圧力が来る可能性がある。
ドージコイン:サタデーナイトライブのイーロンマスクがTV出演する日まで上がる可能性はあるが、前回のドージデイ前に売った方が高値売却できたので、今回はTV出演前の6日か7日頃に売り圧力が来る可能性があるので注意。

●高橋ダンさんのオススメ

【長期投資】

  • ビットコイン、アルトコイン(イーサリアムなど)定期的に買う

【短期投資】

  • ダッシュ、OMG、イオス、ZEC:買い
  • イーサリアムクラシック、ドージコイン:ヘッジ売り
  • 理由:ダッシュ、OMG、イオス、ZECは上昇の余地がある。イーサリアム、バイナンスコインは割高感がある。イーサリアムクラシック、ドージコインは危険。

3本目:銀行株やっと買う時が来た、みずほFGに注目!

画像をクリックすると動画に飛びます。

●高橋ダンさんの分析

  • 銀行株は素晴らしいチャート。
  • 日本株が買われる中で、銀行株にも買い圧力があった。
日経平均:MACDがクロスした。RSIも50を突破した。3月19日からの下落トレンドから上昇している。ただし出来高は大きくない。ボリンジャーバンドは幅の中で割高感はない。
三菱UFJ:買い圧力があった。ボリュームが前日の2倍以上。RSIもMACDも上昇トレンド。
三井住友FG:三菱UFJと比べるとボリュームが上がっていない。
みずほ銀行:三菱UFJと比べるとボリュームが上がっていない。
三菱UFJの空売り比率:普通。3月中旬は低かったが、今は少し上がっっていて4%ぐらい。
みずほ銀行の空売り比率:3月中旬から上がっているので良いサイン。恐怖があり割安感がある。
三井住友FGの空売り比率:少ししか上がっていないので、みずほ銀行や三菱UFJと比べると買い戻しの買い圧力は低い。
三菱UFJのファンダメンタル:PER(株価収益率、Price Earnings Ratioの略)13.48倍はまあまあ、割安ではない。PBR(株価純資産倍率、Price Book-value Ratioの略)0.46倍とPSR(株価売上倍率、Price Sales Ratioの略)1.32倍。配当利回り4.26%と高い。
みずほ銀行のファンダメンタル:PER(株価収益率、Price Earnings Ratioの略)9.76倍は安い。PBR(株価純資産倍率、Price Book-value Ratioの略)0.45倍とPSR(株価売上倍率、Price Sales Ratioの略)1.31倍は三菱UFJとほとんど同じ。配当利回り4.87%と高い。
三井住友FGのファンダメンタル:PER(株価収益率、Price Earnings Ratioの略)10.24倍とみずほ銀行より上。PBR(株価純資産倍率、Price Book-value Ratioの略)0.47倍とPSR(株価売上倍率、Price Sales Ratioの略)1.4倍は三菱UFJ、みずほ銀行とほとんど同じ。配当利回り4.82%とみずほ銀行より下。
アメリカ銀行株と日本銀行株の週足比較:週足では、相関係数はポジティブで連動している、
アメリカ銀行株と日本銀行株の5年間比較:5年間では、アメリカ銀行株と日本銀行株に差がある。

●高橋ダンさんのオススメ

【長期投資】

  • 日本銀行株:定期買い
  • 理由:まだ安い、アメリカの銀行株と比べても、ここから上昇の余地がある。日銀政策点検で銀行に有利な政策が続く。

【短期投資】

  • みずほ銀行:買い
  • 三菱UFJ:買い
  • 理由:空売り比率が三井住友FGより高い。みずほ銀行は、3つの銀行の中で、配当利回りが一番高く、PERが10以下で割安。機関投資家は利回りとPERの二つに注目する。

4本目:日経平均は大引け反発、今から急上昇するか?

画像をクリックすると動画に飛びます。

●高橋ダンさんの分析

  • 日経平均が上昇している理由として、ダウ平均(S&P500)と連動したという新聞の情報は間違い。
日経平均の5月6日チャート:取引開始から急上昇して、午後は横ばい。S&P500やダウ平均と関係ない動き。今回の上昇はアジア株に対する買い圧力。
日経平均の5月6日チャート:取引開始から急上昇して、午後は横ばい。S&P500やダウ平均と関係ない動き。今回の上昇はアジア株に対する買い圧力。
日経平均:三角持ち合いパターンに戻った。100日移動平均がサポートレベルになり反発して上昇している。RSI50以上、ただしまだダウントレンドを切っていない。MACDはクロスし上昇する可能性が高くなってきた。ボリンジャーバンドは、幅の中。出来高はない。
日経平均ETFの空売り比率:4.2、かなり低い。
日経平均先物の空売り比率:1年間の平均レベル。
日経平均のCFD:52%ショート。方向性がない。

●高橋ダンさんのオススメ

【短期投資】

  • 空売りのヘッジを50%縮小する。
  • 理由:これから急上昇の可能性があるため。

ダンさんをフォローして投資をしている人の運用状況は?

2021年5月7日時点、取り入れたこと。

  • 5月6日は、三井物産(8031)を長期&短期投資で100株と、ANA(9202)を長期投資で100株を購入。ドル外貨を一部、円に為替(為替手数料1万円あたり25円程度)。
  • 5月7日は、みずほ銀行100株購入、三菱UFJを200株購入。日経平均の空売りのヘッジを50%縮小。イーサリアムの一部(ポジションの6分の1程度)を売却(0.05ETH)
5月6日の市場が開く前に、成行注文で三井物産を100株買い。
5月6日の市場が開く前に、成行注文でANAを100株買い。
5月6日に外貨預かり金の米ドルの一部(8,000ドル)を円に為替。
5月7日の市場が開く前に、成行注文でみずほ銀行を100株(約16万円分)、三菱UFJを200株購入(約12万円分)。
5月7日に、NF日経225(1321)を信用返済で3株成行注文。空売りヘッジのポジションを半分縮小。
5月7日に、イーサリアムを一部売却。(0.05ETH、18,570円分)

おすすめ!高橋ダンさんの書籍(全て、実際に購入しています。おすすめです!)






【気づき】

税金よりパフォーマンスが大切。

【教訓】

リスクを取らないこともリスク。

【宣言】

今回は普段から、フォローしている高橋ダンさんの動画をまとめてみました。今後も有益な情報発信を行いたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました